コーヒーの淹れ方の種類

コーヒーの淹れ方

コーヒーの淹れ方は何種類ある?有名な10種類をシンプルに解説!

今回はコーヒーの淹れ方の種類についてお話してきます。

「コーヒーの淹れ方なんてそんなにあるの?」なんて声が聞こえてきそうですが、実はかなりの種類があるんですよ。

自分で淹れる場合はもちろん、カフェで頼む場合も「淹れ方」の知識があれば、今まで以上にコーヒーを楽しむことができるようになるでしょう。

今回は主な10種類の淹れ方について触れていきますので、是非チェックしてみてくださいね。

コーヒーの淹れ方10種類を解説

それでは早速コーヒーの淹れ方10種類を順番に解説していきます。

定番の淹れ方からちょっと変わった方法まで、本当に様々な淹れ方があるんですね。

もし気になる方法があればぜひ試してみるのもおすすめですよ!

ペーパードリップ

ペーパードリップ

まずは定番のペーパードリップについて。

名前の通り紙製のフィルターにコーヒー粉を入れて上からお湯を注ぐシンプルな淹れ方!

家でコーヒーを淹れる場合はこの方法が多いのではないでしょうか。

コツとしては「1回目はお湯を多めに注ぎ、2回目は気持ち多めに、3回目は少量」と言った具合に、テンポよく3回にわけてお湯を注ぐとコーヒーのうまみが引き出せます。

ペーパードリップでもポイントをおさえれば美味しさに雲泥の差が生まれますので、是非試してみてくださいね。

ネルドリップ

ネルドリップ

次にネルドリップについて。

起毛しているコットンを表す「ネル」ドリップは、分厚い布製のフィルターでコーヒーを淹れる方法。

ペーパードリップが使い捨てなのに対して、ネルドリップは何度も繰り返し使うことができます。

粉を払い洗って乾かすのは少し手間ですが、経済的かつ、起毛した布で抽出するコーヒーは雑味が混ざらずなめらかな舌触りが魅力的。

一度ペーパードリップとネルドリップを飲み比べてみると、各々の違いがわかると思います。

フレンチプレス

フレンチプレス

ポット型の抽出機を使ったフレンチプレスについても触れていきましょう。

粉をメッシュのフィルターに入れてお湯を注ぎ抽出する方法で、誰でも手軽にコーヒーを淹れることができます。

ポットのまま持ち運びがしやすいので、来客時に提供したり家族みんなでコーヒーを楽しんあり、またパーティーなどでも活躍するのがフレンチプレス!

おしゃれなポッドも増えてきているので、インテリアの1つとして捉えたり、リラックスタイムを彩るのに最適な選択肢だと言えるでしょう。

エアロプレス

エアロプレス

また独特な淹れ方であるエアロプレスについても紹介していきます。

プラスチック製の筒に粉を入れてお湯を注ぎ、ブランジャーを押し下げて抽出するエアロプレスは空気の圧力を利用してコーヒーを淹れる画期的な淹れ方です。

マグカップをサーバー代わりに使うことができ、スピーディーに1杯のコーヒーを作ることができるのでとっても便利!

また一気に淹れる性質上、キレと味わい深いコーヒーを淹れることができる特徴を持ちます。

ウォータードリップ

ウォータードリップ

ウォータードリップは名前の通り水を使ってコーヒーを淹れる方法です。

いわゆる「水出しコーヒー」ですね。

熱(熱湯)を加えず淹れるウォータードリップは、じっくり淹れる性質上、良質な甘みや柔らかい苦味を楽しむことができます。

専用のウォータードリッパーなどの器具を使うので少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそこまで手間ではなく、本格的な水出しコーヒーを楽しむことができるのでオススメです。

サイフォン

サイフォン

上記の原理を利用して淹れるサイフォンについても触れていきましょう。

ガラス製のロートとフラスコを利用して淹れる方法なので、理科の実験のように感じる人もいるかもしれませんね。

下のフラスコに水を入れ、上記の原理を利用しながら上のロートにコーヒーを作っていく独特な方法。

本格的なコーヒー専門店で見かけることがある、こだわった淹れ方の一つだと言えるでしょう。

パーコレーター

パーコレーター

直火にかけてコーヒーを抽出する方法であるパーコレーター。

シンプルな作りのポットは、内側のバスケットにコーヒー粉を入れておけば、内部のストローで水が循環してコーヒーが出来上がります。

水と粉があればどこでもコーヒーが作れるので、アウトドア・キャンプシーンなどで役立つ方法ですね。

ただし本格的な淹れ方と比較すると、雑味などが感じられる淹れ方でもあります。

とは言え大自然でパーコレーターで淹れたコーヒーを飲むのは、周りの環境も相まって何倍にも美味しく感じるもの。

アウトドアが趣味の人は、このパーコレーターでコーヒーを楽しむのも良いのではないでしょうか♪

エスプレッソ(マシン)

エスプレッソ(マシン)

また家庭用マシンが普及してきたエスプレッソマシンについても触れていきます。

内部にあるポンプの気圧を調整することで高い圧力をかけて短時間で抽出することができる優れもの。

マシンによってはカプチーノやカフェモカを作るために必要なスチームドミルクを作ることもでき、エスプレッソを思う存分楽しむことができます。

今では価格も手頃になってきているので、コーヒーが好きな人は自宅へエスプレッソマシンを導入するのもアリでしょう。

ドリップコーヒー(マシン)

ドリップコーヒー(マシン)

次にドリップコーヒーマシンについても触れていきましょう。

機械に専用のカプセルを入れてボタンを押せば美味しいコーヒーが出来上がり!

圧力をかけないドリップ式なので動作も非常に静かで、その利便性からも愛用者が多いマシンです。

日々進化しているドリップコーヒーマシンは、アイス・ホット・ストロングなど様々な設定が可能な機種も!

先に挙げたハンドドリップに負けないぐらい美味しく淹れることができる評判の機種もあり、手軽に美味しいコーヒーを楽しみたい人にピッタリな淹れ方(マシン)だと言えるでしょう。

インスタント

インスタント

最後にインスタントについて。

これは手間がかからないインスタントコーヒーの淹れ方(作り方)ですね。マグカップに粉を入れてお湯を注ぐだけの簡単な方法。

「インスタントなんて」との声が聞こえてきそうですが、最近のインスタントコーヒーは質が上ってきていて、本場の豆を使ったインスタントコーヒーも増えてきています。

また粉の量を調整することで濃さ・薄さなどを自分好みに調整しやすいのもインスタントの魅力。

もちろん先に解説してきたいような丁寧な淹れ方と比較すると、風味が薄かったり少し雑味が感じられたりと言った部分もあります。

ですが、手軽に美味しいコーヒーを飲めるという点では、インスタントも一つの選択肢だと言えるでしょう。

コーヒーの淹れ方の種類を覚えると楽しみ方が広がる

今回は10種類のコーヒーの入れ方についてお話してきました。

こうしてみると本当に色んな種類の入れ方があるのがわかると思います。とは言っても全ての淹れ方を実践する必要はありません。

手間や利便性、また好みなどもあると思いますので、あなたにピッタリな淹れ方をライフスタイルに取り入れればOK!もちろん新しい淹れ方を試していくのも良いでしょう。

今までコーヒーが苦手だったなんて人も、自分の好みに合う淹れ方に出会うことでコーヒーを楽しむことができるようになったなんて話も聞きます。

また様々な淹れ方を知ることで、今後カフェで注文する際にこだわりや楽しみが出てくるかもしれません。

淹れ方次第で味や風味が全然違ってくるもの。その豆のポテンシャルを引き出せるかどうか、またどんな味わいで楽しむかを決めるのも淹れ方次第です!

コーヒーを今よりもっと楽しみ、そして味わうためにも10種類の中で興味がある方法があれば、是非試してみてくださいね!

-コーヒーの淹れ方